Search this site
『りーでぃんぐばぐず』に関するもろもろ
愛される図書室
 
久しぶりに高校の図書室をねぐらにしている司書虫フレデリカから便りが届く。

最近のブームはぱらぱらbooksなのだとか。
これは美しい表紙…と思ったら、、

『人体の不思議展』、、、ちょっとグロかった。

うん、美しいってのはグロくてエロいものだものな!

で、勢揃いのぱらぱらbooks↓




フレデリカが大きく見えるぞ。


生徒がいちばん盛り上がっていたのが「めからかいこうせん」で、
怪しい人(?)の目からビームが出て、100%、「おおおおお!」となるそうな。

生徒たちの「おおおお〜〜〜」が想像できる(笑)

フレデリカの図書室では、このように生徒たちにいつも新鮮な本との出会いがあるようにと
頻繁にテーマをもうけて紹介してます。
なので、ほんとうによく生徒があつまり愛されている図書室と感じます。

その証拠がこれ。


これは卒業生が忙しい中、自作してきてくれた新着本をあらわすボードだそうです。

司書冥利につきるね〜。




このところ書店のお仕事で忙しいため更新がまだらになっておりましたが、
だいぶ仕事も慣れてきたので、がんばってもっと更新する所存であります。はい。





posted by yazawanko | 12:17 | リアル本の虫 | comments(2) | trackbacks(0) |
お見舞いに
 

最近、私の愛すべき本の虫のひとりロク虫の体調が悪かった。

いやいや、本体の方です。
入院、手術とだいぶ心配をしてましたが、
とりあえず、よかったよかった。


『真夜中に唄う島』 朝山蜻一

こんな本を読むところまで回復したようです。

……って、それって誰?(笑)

ロクは時々ものすごく悪食を好みますが、これもそのひとつ?
ドリフ並みの大爆笑でロクは大満足だそうなので、
『扶桑社の昭和ミステリ秘宝シリーズ』皆さんもいかがですか。


そして、もう一点。


入院中のロクに差し入れ(差し入れる前に退院したので郵送)一冊。

『愛人犬アリス』団鬼六

愛犬じゃないよ、愛人犬だよ。
書店勤めをしていなかったら一生知らなかったに違いないエッセイです。
ペットコーナーに差しであったのを発見してから半年、
いつか読もうと思っていたら、ちょうどいい具合にロクが入院したわけで。。。
もちろん、読んでから送りました。
愛人犬って内容どうなのさと思ってたけど、これが泣けるんですよ。
ネタバレすると、先に死ぬのが鬼さんなんです。
エレジーですわ。

ロクは喜んでくれたみたいだけど、内容的には病人に送る話じゃないのよね。
なんてったって、絶筆ですから。

いいエッセイです。
もう返品の時期かもしれません。
書店で見かけたら買いですよ。







posted by yazawanko | 08:48 | リアル本の虫 | comments(0) | trackbacks(0) |
ばぐずかばー【試作2号】
 
試作2号とともにラファエロ展へ。

なぜこんなに邪魔な虫が必要なのか、まったく理解できないブックカバー。
すべては私の自己満足。

とはいえ、この完成度の悪さ。うううっ
けして満足なぞしておりませぬ。

もう少し改良(良?)して
8月の展示で販売できるところまで持って行きたいのであります!
すでにちょっと飽きて来た感も否めないが、、が、がんばります。


8月の展示は、この数年毎年お世話になっている
ふなばしアンデルセン公園子ども美術館。
また図書資料室をお借りして、コトノハの森を展開します。
どうぞお楽しみに。


あ、ラファエロ様はもちろんよかったですよ、ええ。



posted by yazawanko | 22:13 | 手作りグッズ | comments(0) | trackbacks(0) |
ばぐずかばー【試作1号】
 


全然実用的でないブックカバー、試作1号。
口はまだ無い。

恐ろしく評判のよろしくないこのブックカバーの素晴らしい特徴、それは……


じゃじゃん! ハヤカワサイズに対応!


ぴったり!



だが、ハヤカワ以外はぶかぶかに。。。。
どうしてくれよう。。。。


正面も微妙。。。

(本がヨレヨレなのはお風呂で読むから)

もっと立体だと可愛いのかもだけど、
3枚ハギとか4枚ハギとかは手間がかかるしその実力はない。
なら思い切って平たく作ってみるか、、、と。



気を取り直して2号にとりかかる。
作りかけがこちら。






『ポリンキー』または『鍋つかみ』になってしまった!

うーん。

つづく

posted by yazawanko | 08:53 | 制作中 | comments(2) | trackbacks(0) |
GARDEN

おひさしぶーりぶり。 

書店のバイトを始めてから時間のやりくりがとても大変になってます。
なので滞りがちで申し訳ありません。

上記写真は取手のomonmaTENTに入れた虫たちです。
8匹ほど納入いたしました。
こちらは流れ作業のためひとつ800円です。
その時の気分で価格が変わりすぎると言われます。

で。

ただいまTENTでは、『GARDEN』というイベント中。
ギャラリーを庭にみたてて春らしい作品の展示なのです。


こんな感じ。
手前はモザイクでできた花……ではなく「虫歯」!!!だそうです。
茶色の虫歯は神経がいかれちゃったのでしょーか。。痛そうだ。

奥には私の密かなアイドル、モーリーこと森岡さんによる
おにぎりの花びらでできたラッパ水仙。
大金持ちになったら彼の巨大な作品を購入したいですね。


壁はオスギさんのエッチング。
素敵です。
オスギさんの花によるドレスも良いけれど、
私はこのシリーズが一番好きです。
好みの部分を「このへんちょーだい」というと売ってもらえます。

ほんとの庭の木蓮は散ってしまいましたが、GARDENは花盛りです。
ぜひ週末にどうぞ。(駅からバスだけど)

**************************************
『GARDEN』

4月の週末 11:00-18:00  (金・土・日・祝日のみ営業)
茨城県取手市小文間4154-4
0297-63-3533
**************************************

posted by yazawanko | 08:30 | art & event | comments(0) | trackbacks(0) |
神楽坂Bar『英』展示

 神楽坂の搬入終わりました。
昨日の夜から1ヶ月ほど展示させていただきます。

展示用に貴重な本を貸してくださった啓子さん、、、のお姉さまに感謝します。
おかげさまで、ちょっとした書棚の雰囲気を作ることができました。
ありがとうございます。



虫は本好きの方へのプレゼントにもできるような物をと考えて作りました。
そのため、、、
土台があるからこそできる二足立ちが実現したのであります。



ああ、でもトップライトからの影で目の下がクマのようになっている。
ホラーだ(笑)



フリーペーパーもおかせていただきました。
4コマ漫画あります。


絵も3点あります。

気になるお値段ですが、絵も虫もすべて1万円均一。
いつもの小さい虫さんたちは今回非売です。

神楽坂でお酒でも飲みたいなと思ったら、どうぞ『英』にお立ち寄りくださいませませ。


===================

bar「英-ei-」

展示期間:3月9日(土)〜1ヶ月間ほど

新宿区神楽坂3-2-31-2F

TEL / 03-3260-5982

20:00pm〜2:00am

定休日 / 日曜・祝日

===================

posted by yazawanko | 20:16 | information | comments(0) | trackbacks(0) |
展示のお知らせ
 
らぐじゅありーな虫を作ってみました。

いつもの単体虫は石粉粘土ですが、こちらは焼いて固める樹脂粘土です。
ものすごく硬くて、最初は車のタイヤで轢いてみたりしましたが、
まったくつぶれず、レンガのように割れただけでした。
最後に湯煎で温めたら少しいじれるようになりました。
最初に試してみるべきでした。。


らぐじゅありーな虫たちは来月神楽坂のBar英さんにて展示予定です。
お洒落な高級Barにふさわしくキラキラ感を出してみたわけです。。ほほほ

その他にイラストなども出します。おほほほほ


===================

bar「英-ei-」

展示期間:3月9日(土)〜1ヶ月間

新宿区神楽坂3-2-31-2F

TEL / 03-3260-5982

20:00pm〜2:00am

定休日 / 日曜・祝日

===================



posted by yazawanko | 09:15 | information | comments(0) | trackbacks(0) |
大向こう
 

去年の11月から書店のアルバイトをしています。
はじめは雑誌担当でしたが、現在はコミック担当になりました。
ちょうど今は漫画大賞のノミネートが発表され、それらの作品が平積みされている状態。

わたくしのおススメは
『ぼくらのフンカ祭』真造 圭伍
『山賊ダイアリー』岡本 健太郎

とくに『ぼくらのフンカ祭』は良いです。
このしょっぱい感は普遍なのだ。



ほいで
冒頭のイラスト。

いい加減すぎる亭主の掛け声。
正しくは「成田屋」ですわなー。

そんなわけで、このところ消えた歌舞伎界のエトワールたちを偲び、
時間ができたら梨園物を読んでみたいなあと思ったりしてます。






posted by yazawanko | 22:03 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) |
プレゼント
 
いつの間にか年が明けてました。

年末に友人から読書家のお友達にプレゼントをしたいという依頼をうけて
制作したものです。

相手の方のイメージで可愛らしくお願いというオーダーで
ピンク色の可愛い虫を制作していましたが、
最後の目入れでナント!失敗!

限りなく死んだ目に。。。。えーん


で。
別に作ってあったお気に入りのミドリムシをピンチヒッターにたてました。


背中部分。
忘れがちですが、本の虫ですからちゃんと羽も本です。

大変喜んでいただけたという連絡を受け、私もほっとひと安心。
嬉しいですね〜。

**


今年最初の展示は、去年同様神楽坂のBar英となります。
いつものBugsに加え、今まで使ったことの無い粘土などでの作品も考えています。
あ、もうふた月きってるじゃないか!!
ひーーー。

近くなったら詳しい展示のお知らせします。
ではでは、大変おそくなりましたが今年も宜しくお願いいたしますぅぅ。




posted by yazawanko | 09:45 | 手作りグッズ | comments(0) | trackbacks(0) |
もうすぐおしまい
 

秋に名前をつけてもらったbugsのIDページを制作中です。
16〜18歳という年齢層が限られた中なので
タイトルがだいぶかぶるのではと思っていましたが、
かなりバラバラなのでした。

Webにアップする時にははずしていますが書き込み用紙には一言欄があります。
好きな本についてオススメの一言や、選んだ虫の性格を妄想で書いてくれていたり。
3年間で消しゴム1個を使い切れなかった…という3年生の独り言なんかもありますww。

早く仕上げなくてはいけないのに、こういうコメントを読んで
つい楽しんでしまうものですからなかなか進みません。

本のタイトルも知らない本やコミックがたくさん出てきておもしろいですね。

IDページアップしたらまたお知らせいたします。


今年最後の更新になりそうなのでご挨拶。
今年は数えてみたら、なんと4カ所で展示をさせていただきました。
あ、小学校もいれたら5カ所だわ。

展示させていただくにあたり、協力していただいた皆さん、
忙しい中ご来場いただいた方々、心より感謝いたします。

ありがとうございました。
よいお年を!




まだまだたくさんありますヨ。




posted by yazawanko | 01:24 | 制作中 | comments(0) | trackbacks(0) |